2013年04月27日

オフセット印刷・インクジェット印刷どっちが綺麗!

 オフセット印刷

 オフセット印刷は、インキ板(はんこ)からプランケットを介して
 被印刷体(印刷用紙等)に印刷します。媒介物を通しての印刷方法です。
 オフセット印刷の名称の由来は、PS版(はんこ)に着いたインキを
 いったんはがして「OFF」にしてブランケットに移し、ブランケットから
 原紙にインキを移す「SET」することによって印刷します。
【OFFからSET】⇒オフセット印刷と言われています。

 オフセット印刷は小さい点の集まりで、油性のインキと水とが互いに
 反発し合う性質を利用して印刷します。
 大量印刷用として設計されています。

 インクジェット印刷

 インクジェット印刷は、点ではなく点の一種でマスメの集まりです。
 インクジェット印刷は、インキを吹き付ける方式でミクロ的にインキが拡散します。

 インクジェット印刷とオフセット印刷では、オフセットの方が綺麗という認識には
 誤解があるそうです。

 画質「解像度に依存する部分の良さ」と「色の綺麗さ」を分けて考えて下さい。

 画質については、解像度の高いオフセット印刷の方が優れているといわせて
 いますが、色については、使用するインキの性質や方式の違いもあり、
 インクジェット印刷の方が小部数印刷の場合、色鮮やかな場合が多いと聞きます。

 解像度が高く、画像の再現性も高くなると、画像もそれなりに(欠点)も鮮明にでてきます。
 絵画でいいますと、画像の再現性が高い方が良いようにも思いますが、色の鮮やかさは
 となると? どっち?
 と言うことなのです。どちらが良いとはっきり言えないようです。
  

 ※ 既製サイズ版(普及版)はオフセット印刷されたものです。
   現在は、オフセット印刷はしておりませんが在庫がございます。
   品質にはなんら変化はございません。
   在庫がなくなり次第、既製サイズ版(普及版)は終了となります。
   お値段が、デジタグラフ版よりお安いのは、オフセット印刷で
   大量枚数作製できたからです。
  
   現在は、インクジェット印刷で1枚、1枚製作しトリミングされて
   おりませんので、原画のサイズにあわせ縮小・拡大しております。

 ※ オフセット印刷された絵画を、シートでカットされずに保存して
   おりますので、トリミングせず(デジタグラフ版)サイズに
   作製することもできます。ただ、お値段はデジタグラフ版の
   価格になります。
   インターネットでのご購入の場合は、オフセット印刷用と明記
   下さい。   
  
 ※ フレーム仕上げ版にはアクリル板が付いておりますが、
   既製サイズ版(普及版)、デジタグラフ版にはアクリル板が付いて
   おりませんので、ご入用でしたらお知らせ下さい。

 ※ 当社では、普及版はインターネットに掲載しておりませんが
   販売しておりますので価格等お問い合わせ下さい。
 
 
posted by マイアート at 12:36| 絵画マイアートNEWS | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。