2016年02月25日

アートの絵画


みなさん、こんにちは
函館はだんだん雪がとけてきました!

さて、先日フレーム仕上げ盤デジタグラフ版違いについてお問い合わせがありましたので、お話しさせて頂きます。

【デジタグラフ版とフレーム仕上げ盤の違い】
具体的に、以下の違いがあります。
1.png
2.png

〜実物写真でもご覧下さい。👀〜
大きく分けて3つの違いがあります。
@厚さ
●デジタグラフ版
P2230167.JPG

P2230176.JPG
この厚さです。
●フレーム仕上げ盤
P2230156.JPG

P2230174.JPG
この薄さです!
重厚感を出したい!高級感を出したいときは、デジタグラフ版がお勧めです。
フレーム仕上げ盤は薄くて軽いので、配置を簡単に変えられ、すっきり感があります。
 

Aアクリル板

●デジタグラフ版には、アクリル板がついておりません。(別途お付けすることはできます。)
P2230169.JPG

●フレーム仕上げ盤はアクリル板がついております。
P2230158.JPG
デジタグラフ版は、光に反射しなく、見やすいです。
フレーム仕上げ盤は、光に反射しますが、綺麗に保つことができます。
♦デジタグラフ版(アクリル板付)
P2230168.JPG


Bマットの部分の違い
絵と額縁の間にあります、絵を囲む部分
●デジタグラフ版は布地でできております。高級感が増しますね。
P2230163.JPG
●フレーム仕上げ盤は厚紙を使っております。
P2230161.JPG

以上、このような違いがあります!
他に、断面写真はこちらです。
P2230171.JPG

P2230170.JPG
インクジェットで印刷しておりますので、油絵の凹凸などはありません。
弊社の使うキャンバスは、ビニロンという化学繊維を使っております。そのことにより、強度が増し、大きな絵画をお作りすることが可能になりました。

社内の写真です。タイタニックで、ソファーに絵を並べるシーンありますよね!並べてみました
PB190125.JPG

PB190127.JPG

posted by マイアート at 15:35| 北海道 ☔| Comment(0) | 絵画の紹介 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。